【ボブルビー(ポイント65)】メガロポリス(ボブルビー25L GT)のレビュー!!

鞄かばん
スポンサーリンク

【ボブルビー(ポイント65)】メガロポリス(ボブルビー25L GT)のレビュー!!

バックパック横

【ボブルビー(ポイント65)】メガロポリス(ボブルビー25L GT)をレビューします。

PCを守る為にとにかく頑丈なハードシェルバックパックが欲しい人におすすめです。

人と違うバックパックが欲しい人にオススメです。

カバンメーカーは2015年に同じスェーデンの別スポーツメーカーにライセンスを引き継がれた為、メーカー名ブランド名変わっています




レビュー

PCを入れる前提に立つと、ハードシェルバックパックが欲しくなります。

PCポケット

このバックパックは、表面のプラスチックが先立ちますが、頑丈さもさる事ながら、収納ポケットが多く、20年前では珍しくPCポケットがあります。ポケットの多さは、現在でも十分通用します。

荷室は1つに、側面にPCポケットやポケットが多数あります。

中のポケットの様子

又、上部のカバーにもチャックが有り。鍵や財布程度入るスペースが有ります。

上部カバーの中の様子

 

今でこそ、似たようなハードシェルバックパックはあります。それでも、このパックの様に頑丈収納力があるパックはありません。

類似製品の比較

この形から意外ですが物もちゃんと入ります。2泊3日程度の旅行なら余裕で着替えが入ります。

荷物をたくさん入れる様に生地が伸びる

荷室へのアクセスは、上部のカバーのみになります。正面のゴムを解くと、荷室にアクセス出来ます。防犯性はよくありません。

上部のカバー

PCスリーブの収納量実験

私が持っている一番大きなノートPCの東芝製ノートPC B253/21J 15.6インチ(外径寸法:約380.0 (幅)× 242.0 (奥行)× 28.4~33.4 (高さ) mm、重量  約2.4kg)で実験して見ました。

PCの収納状況

 

ホームページにはコンピュータポケットに収納可能な最大サイズ:約36 cm(幅) x 26cm(奥行) x 5cm(高)との記載がありました。
実験結果はPCスリーブに15.6インチノートPCは入りました。横幅が少しキツそうです。
背負い心地も、PCの重量を感じバランスが悪いです。しかし、カバン自体が重いので、あまり気になりません。

【アップル】iPad Pro11inchが、ちょうど良いサイズと重量
iPad Pro11inch を2018年10月ごろ購入して約1年チョイが経過しました。iPad Pro11inch 2018の画面が綺麗な印象を受けた事は、今も購入当時も変わらないです。買って良かったと今でも思ってます。都内で持ち運ぶには、サブPCや営業ツールとして、ちょうど良いサイズと重量です。

iPhone13が入るサイズ?

このバックパックには、スマホ用の専用ポケットは、ありません。

しかし、荷室内にスリットが6個あります。

iPhone13を持っていないので、ほとんど同じサイズのiPhone11で、検討してみました。
iPhone11のサイズは、6.1インチ(たて約15cm よこ約7.5cm あつみ約0.83cm)です。

スリットに、iPhone11(ケースあり)は、入りました。

しかし、クッション材も無く、ホールドするゴムも無いので、ケース無しで入れる事は、おすすめしません。

なるほど納得!バイク乗りにも大にんきな理由

とにかく頑丈なリュックです。この1点において右に出るカバンは無いと思います。

やはり、ヨーロッパで外殻のABS樹脂S字形状による衝撃緩和構造がバックプロテクションのヨーロッパ規格「EN1621-2」の最高レベル「レベル2」を取得した事が大きです。

正面のえぐれ

バイクの転倒事故などを想定した衝撃エネルギーが、どれだけ背中に伝わるかをテストし、身体に使えにくいプロテクション製品が評価・認定されています。

鞄のエグれ具合

しかし、一番の評価はベルト背面パッドによる背負い易さです。ベルトはフックも有りポーチの設置のしやすさと、柔らかいのですが肉厚なベルトが体にフィットします。

ベルト

 

ベルト

ベルト部分にも本格的なザックの様に調整ベルトが付いています。

又、背面パッドに凹凸があり背中にフィットする事が一番です。しかし、最大のポイントは2点あります。

背面パッド

①腰付近の反り返が、ズボンやベルトに引っ掛からない事。

腰部分の反り返

ザックの腰の部分が、人の腰の部分と当たらない様に反り返っています。

腰の反り返部分の材質

腰の部分は、擦れて破損が多いですが、頑丈な革素材になっています。フチもゴムチューブで養生されています。

②背面は柔らかいですが、上から押しても曲がらない事です。

背面が直立

 

購入当時は輝いてたけど、今ではダサい?

1998年に発売されました。私が購入したのは、2000年頃の20代の時でした、かれこれ20年位使っていますが壊れません

 

購入したのは、平塚のセレクトショップでアメリカで買い付けてきたばかりのマッドブラック色(当時は、日本未導入)を購入しました。

発売当初は、光沢のあるブラックと光沢のあるオレンジ色と光沢のある白色の3色展開だったと思います。

鞄の横面

ゼロハリ派かボブルビー派に分かれて、カバン戦争が起きるほど、流行りました。私はボブルビー派でした。

そして10年前は、昔はよく見たカバンに成り下り、ダサいカバンのレッテルが貼られた時代も有りました。

鞄の外観

最近では、アニメで使用しているキャラクターがいたのか、電動バイクの旅番組のテレビのデレクターが背負っていたからでしょうか、それともワイルドスピードに出たからか解りませんが事情が変わって来たようです。

ゴムベルトで固定

しかし、流行や物珍しさがひと段落し、本当の評価本当の使い方が再定義された事が、必要な人が使う物に転じたことが正しい評価だと思います。

カスタムも色々できるよ

公式のオプションが多数用意されてる為、純正カスタマイズが可能です。

オプションの下駄

又、ハードシェルの部分が大部分な為、シールペイントまで出来ます。

オプションの下駄

私は、夏用の下駄とヒップベルトを持っています。

ヒップベルト



スポンサーリンク

まとめ

【ボブルビー(ポイント65)】メガロポリス(ボブルビー25L GT)をレビューしました。

奇想天外のデザインは一番ですが、細部への使いやすさを考慮したデザインが一番高評価です

鞄の細部の様子

コメント

タイトルとURLをコピーしました