【比較】カリマー トリビュート40とミレー クーラ40をレビュー

表紙 かばん
当サイトでは広告が含まれます。
スポンサーリンク

【比較】カリマー トリビュート40とミレー クーラ40をレビュー

右:カリマー トリビュート40。左:ミレー クーラ40

右:カリマー トリビュート40。左:ミレー クーラ40

カリマー社のトリビュート40とミレー社のクーラ40を比較レビューします。

両方ともトラベルバックパックにも使える多機能パックです。

カリマーはイギリスの会社で、ミレーはフランスの会社で、両方ともヨーロッパの会社です。

デザイン方向性も似ています。

価格も1万円ちょいで購入出来るのもうれしいポイントです。

created by Rinker
MILLET(ミレー)
¥20,060 (2024/05/29 05:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

比較して分かった違い

・固くて頑丈なカバンです。トリビュート40は表皮の生地が固いです。クーラ40は背中に骨組みが入っていて固いです。

ザックを背負う

カリマー トリビュート40の全体の生地は厚めで固いです。

(クーラ40も表の生地は固いですが、側面の伸縮部分は柔らかい生地になっています。)

表面は固い、側面は柔らかい布

クーラ40は、全体的に薄い生地です。正面と底の生地はザラ目の固い生地です。

私の個人的な感想は、背中が固い方が私は好みです。

カバンの骨組み

クーラ40は、背面の内側に骨組みが入っています。

・デザインがシンプルです。クーラ40はよりシンプルですが、意外とポケットが多いです。

2個の鞄の正面

右:カリマー トリビュート40。左:ミレー クーラ40

・収納量が40Lですが、トリビュート40の横がポッコリお腹かクーラ40の背が高いか、の違いです。

2個の鞄の底

右:カリマー トリビュート40。左:ミレー クーラ40

・背負い心地は流石に両社は登山メーカーです。トリビュート40は背面パッドは、肩と腰に当たる上下が盛り上がった構造です。クーラ40の背面パッドは中心が盛り上がった構造です。私の個人的な感想は、トリビュート40は背面パッドの方が腰にフィットします。

 

右:カリマー トリビュート40。左:ミレー クーラ40

右:カリマー トリビュート40。左:ミレー クーラ40

決定的な違いは、ココ

・クーラ40は背が高く、背負い姿が後ろから見ると、背負った人の首まで隠れてしまいます。

カバンを背負った人の背面

ミレー クーラ40

・横姿がトリビュート40のサイドコンプレッションストラップを絞るとの横がポッコリ出てしまいます

カバンの背負い姿

カリマー トリビュート40

・上下2気質構造は、クーラ40です。靴を入れるのに便利です。又、内部の仕切りはジッパーで一つの部屋にも出来ます。

しかし、クーラ40は1点残念なのがPCスリーブが上側に有り、重いPCを入れるとバランスが悪くなります。重量物は下側に入れた方がバランスが取りやすいです。

カバンにサンダル

ミレー クーラ40の下部収納

【ミレー】クーラ40 機内持込可能なバックパックをレビュー
【ミレー】クーラ40は、「アウトドアの快適性と耐久性を持つ、旅や通勤でも使いやすい多用途バックパック」です。旅行や出張でバックパックを使用したい人にオススメ。学校で部活道具と教科書とノートとお弁当を入れたい人にオススメ。仕事道具やお弁当や水筒を持ち運びたい人にオススメです。収納力は40Lの大容量とスリムに可変する事が良いです。
【カリマー】トリビュート40はビジネス向け
26Lザックも良いですが物が少し増えると、取捨選択を迫られるのが嫌になりました。そこで、頑丈で物がたくさん入って、コンパクトで黒いザックを探していました。グレゴリーコンパス40とマムートneon gear45 と迷いましたが、【カリマー】トリビュート40はにしました。決めては、PCホルダーと黒くてシンプルで丸い事です。

細かい配慮こそが、定番の理由

細かい配慮は、代表例はカッパです。トリビュート40はメインポケットの側面にカッパが収納されています。