【mont-bell】バーティカル アタッチャブルベルトで、ポーチをショルダーハーネスに追加

表紙こどうぐ
スポンサーリンク

【mont-bell】バーティカル アタッチャブルベルトで、ポーチをショルダーハーネスに追加

パッケージ

こんにちは、てんきん28号.です。

こんかいは、【mont-bell】のバーティカル アタッチャブルベルトを、レビューします。

ポーチをショルダーハーネスに追加出来る、バンドになります。肩紐にパーチ設置

登山やハイキングではもちろん、都市部でも、バックパッチのショルダーハーネスにポーチが有ると便利です。

設置するポーチには、裏面に縦ベルトループが無いと設置できませんが、ガッチリ固定できます。

出来れば、カラビナでポーチをショルダーハーネスに固定出来れば、二重にポーチを固定出来るので、落下防止の保険になります。

気持ち

常々、バックパックをもっと、便利に使いたいと思っていました。

登山でも、登校でも、通勤でも、現場でも、もっと便利に使いたい気持ちがありました。

ポーチの開口部が大きい

バックパックに、サイドポケットや、2WAY仕様や、背板にポケットの追加も、良いと思います。

ショルダーハーネスに、スマホやカードケースが入れば、良いのにな〜と思いました。

ポーチが固定されない

しかし、スマホの大型化もあって、マムートの「Ducan Spine 28-35」とかしか、ショルダーハーネスにポケットがある商品はありません。

ビジネスバックパックは、「つるん」とした何も付いていない、ショルダーハーネスです。

スーツにポーチ

ビジネスバックパックこそ、ショルダーハーネスに、ポーチやスマホ入れを、追加してほしいです。

また、出来れば荷物や用途に合わせて、ショルダーハーネスに設置するポーチを、変更出来れば、もっと最高です。

仕様

■仕様

■名前:バーティカル アタッチャブルベルト
■品番:#1123787
■寸法:
たて:約5cm
よこ:約20cm
あつみ:約0.1cm
■素材:330デニール・ナイロン・リップストップ(ウレタン・コーティング)
■重量:10g

重量測定
■カラー:ブラック(BK)
■購入箇所:実店舗、ECサイト
■特徴
・マジックテープ3箇所
・グリップ箇所3箇所
■その他:
私は、越谷レークタウンの実店舗で購入しました。

Amazonで購入するよりも、安価だったからです。

時期にもよるかと思いますが、mont-bell商品は、ECサイトで購入するよりも実店舗で購入する方が安価な傾向が有ります。

しかし、近くに店舗がない場合や、店舗に行く機会が取れない場合は、ECサイトで購入した方が良いと思います。

レビュー

こんな小さなバンドが、本当にポーチをショルダーハーネスに固定出来るか、半信半疑でした。

装着風景

しかし、ガッチリ固定できました。

ポーチをショルダーハーネスに取付

私は、ベルクロ(マジックテープ)が二重で、ホールドするのが、効いていると思います。

ベルクロが二重の様子

取り付け方法

①ポーチの裏面の縦ベルトループに、バーティカル アタッチャブルベルトを通します。

装着

②バーティカル アタッチャブルベルトのマジックテープとバックパックのショルダーハーネス、共巻きします。(丸いマジックテープの内側と、二重箇所のマジックテープの1個目のマジックテープを、固定します。)

装着

③バーティカル アタッチャブルベルトの丸いマジックテープの外側と、二重箇所の2個目のマジックテープを固定さて、完成です。

装着

一見すると、簡単な設置方法ですが、意外と間違えます。

設置できるポーチは、縦ベルトループが必要

はっきり言って、ポーチの裏面にベルトループが付いていないと、このバンドは使用出来ません。

ポーチなんて、どれも同じだろうと、思っていました。

しかし、ポーチの裏面の縦ベルトループが、付いているポーチは、意外と少ないです。

スマホポーチ

横方向にベルトループが付いている物が、ほとんどです。

一番の理想は、縦にも横にもベルトループが付いている事が、一番の理想です。

スマホポーチ

ポーチの縦ベルトループにバーティカル アタッチャブルベルトを設置し、ポーチの横ベルトループでバックパックのショルダーハーネスを固定するためです。

【おすすめ】実際にポーチを買って、バックパックの肩紐に追加検討!!
ちまたの噂で、iPhone13が入る、デジカメが入る、バックパックのショルダーハーネスに設置できるポーチを、実際に買って検証してみました。

おすすめのポーチは、これ!!

第一位は、【ミレー】ヴァリエ ポーチです。

第二位は、【アウトドアプロダクツ】スマートフォンポーチ04です。

第三位は、【WILD THINGS】 スマホポーチです。

スマホポーチ

理由は、縦のベルトループが縦長な事と、固定式で取れる心配が無い事です
(【WILD THINGS】 スマホポーチの縦のベルトループは、ボタン式で取り外し可能です。
しかし、ボタンは大きめで、取れにくい事から、第三位にしました。)。

服にマジックテープが当たらない!?

仕方がない事ですが、バックパックのショルダーハーネスが、服の肩あたりから胸にあたり、服がささくれ立つ事です。

服が傷つく事を気にしていたら、バックパックなんて背負えませが……。

しかし、なるべく服に傷付けない構造だと、嬉しいです。

テープ全景

特に、ポーチ固定用のバンドが、さらに服に近い部分になります。

その為、バンドが服を傷つけたら無意味です。

バンドはツルツルの材質で、マジックテープ部分は受け側(別名称:ループ面、B面、メス、ふわふわして柔らかい面)なので、服に当たってもダメージが少ないと思います。

【おすすめ】バックパックの肩紐に、スマホポーチを追加するアダプター
普通のバックパックには、スマホポーチが付いていない事が、普通です。良くスマホポーチ付きのバックパックを背負って街中を歩いていると、登山にでも行くのかと、からかわれました。有ると便利な、アイテムです。

専用商品を購入する事が近道?

mont-bellのモバイルギアポーチ(サイズは、S、M、 L)が、あります。

モバイルギアポーチには、背面にプラスチックのクリップに、バーティカル アタッチャブルベルトが最初から付いています。

価格も¥2,640(税込)(Lサイズ)(2022年3月現在)なので、思わず購入しようかと思いました。

比較

私が所有している【プロスター】38mmベルト用Dリングフックと、【タスマニアンタイガー】ターニケットポーチ2HZアダプターを、比較します。

【プロスター】38mmベルト用Dリングフックは、ボタンで固定するタイプなので、比較の対象から外します。

比較

【タスマニアンタイガー】ターニケットポーチ2HZアダプターと【mont-bell】バーティカル アタッチャブルベルトが、どちらが先に発売されたかは、判りません。

マジックテープで固定する構造が、【タスマニアンタイガー】ターニケットポーチ2HZアダプターに、似ていると思います。

比較

しかし、マジックテープの固定箇所を、上下2段で行うポイントと、同一箇所を2重に固定するかの違いだと思います。

また、同一箇所を2重に固定する事は、ベルトループが外れないと出来ません。【mont-bell】バーティカル アタッチャブルベルトは、ポーチの縦ベルトループが固定式の物でも、使用出来ます。

比較

その為、一見同じ様な発想ですが、用途が違うように感じます。

【タスマニアンタイガー】ターニケットポーチ2HZアダプターで、ポーチを追加
バックパックの肩紐(ショルダーストラップ)やヒップベルトにポーチを追加出来るアダプタでした。大前提としては、ポーチにはアダプタと固定出来る様に、ボタン式のベルトが縦か横に付いている事も必要です。このアダプタを使えば、ポーチを追加装着できますので、夢が広がるアイテムになります。

ここは、ちょっと難点?

肩紐

やはり、マジックテープのバンドのみの構造なので、デジカメやスマホを2台以上ポーチに入れると、ずり落ちます。

保険で、カラビナを、付けたくなります。

カラビナ

出来るだけ、カラビナでポーチをショルダーハーネスに固定出来し、二重にポーチを固定出来るので、落下防止の保険を作りましょう。

【プロスター】48mmベルト用Dリングフックでリュックの肩紐に携帯ポーチを追加
一昔前リュックサック(デイパック )の肩紐(ショルダーストラップ)は、携帯ポーチが付いて おりました。最近は、携帯ポーチがありません。リュックサックの肩紐に小型ポーチを追加してみました。

スポンサーリンク

まとめ

【mont-bell】バーティカル アタッチャブルベルトを、レビューしました。

ポーチをショルダーハーネスに追加出来る、バンドになります。

登山やハイキングではもちろん、都市部でも、バックパッチのショルダーハーネスにポーチが有ると便利です。

設置するポーチには、裏面に縦ベルトループが無いと設置できませんが、ガッチリ固定できます。

出来れば、カラビナでポーチをショルダーハーネスに固定出来れば、二重にポーチを固定出来るので、落下防止の保険になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました