【ミステリーランチ】フォーリッジャー ポケットを、レビュー

ウエストポーチにポーチ追加かばん
スポンサーリンク

【ミステリーランチ】フォーリッジャー ポケットを、レビュー

【ミステリーランチ】フォーリッジャー ポケットを、レビューします。

今まで、盲点だったのが、モバイルポーチばかりに目が行っており、アーミー系のポーチを見ていませんでした。

サイズも用途もモバイルポーチと似通っており、汎用性がありました。
モバイルポーチですと、設置場所が限られるところも、いろいろな処に設置出来る柔軟性が有ります。

肩紐にポーチ

一般的には、リュックサックのウエストベルト(腰紐)が一般的ですが、リュックサックのショルダーストラップ(肩紐)に設置して、モバイルポーチとして活用しても良いです。

【カリマー】トリビュート40はビジネス向け
26Lザックも良いですが物が少し増えると、取捨選択を迫られるのが嫌になりました。そこで、頑丈で物がたくさん入って、コンパクトで黒いザックを探していました。グレゴリーコンパス40とマムートneon gear45 と迷いましたが、【カリマー】トリビュート40はにしました。決めては、PCホルダーと黒くてシンプルで丸い事です。

腰ベルトにポーチ

また、新たな使用用途を発見してしまったのでが、ウエストポーチのショルダーストラップ(肩紐)にフォーリッジャー ポケットを設置しても、良いと思います。

ポーチの設置風景

この発見が1番感動したのですが、カバン側に取手や引っ掛けるスペースがあれば、大体設置出来ます。ストラップにポーチ

レビュー

ポーチの中にカステラ

大きさは、iPhone11が入る大きさです。
ポケットWi-fiを入れたり、カステラを入れたり出来ます。

ポーチの中にポケットワイハイ

横幅も充分あります。ボックス形状では無いので、生地が伸び縮みしませんが、財布と携帯と重ねて入れれます。

ポーチの横幅

また、実際に実験をしていませんが、内側はローコーティングされている様なので、軽い雨程度であれば、浸水は心配なさそうです。

ポーチの内側

少しジッパー部分の入り口がキツい様にも感じますが、普通に入ります。
ジッパーは止水ジッパーでは無い様ですが、開閉がスムーズです。

ジッパーの様子

中の収納の様子は、仕切り板が、無い構造になっています。生地も厚手でざらざらとした手触りの生地で、伸び縮みしません。

ポーチの内側

ポーチには、縫い付けられた取手が上下に2個と、その上にボタンの取手が2個と、縦方向に上下に2個の輪っかが有ります。

ポーチの取手

縦にも、横にもストラップが3重に有ります。ホームページでは、判らなかった細かい箇所は、買ってみて実感しました。

ポーチの取手の中にフック

iPhone13が入るサイズ

カメラポーチとしても、スマホポーチとして使用できます。使用用途はわかれます。

しかし、iPhone13も入る、縦にも横にも大きいサイズのポーチである事も重要です。

iPhone11で検討してみました。
iPhone11のサイズは、6.1インチ(たて約15cm よこ約7.5cm あつみ約0.83cm)です。

サイズ比較

 

もちろん、iPhone12やiPhone13の方がやや小さいので、iPhone12とiPhone13も入ります。
(実機を所有しておりませんので、サイズから検討しております。)

iPhone6Sにも、十分な大きさです。

サイズ比較

 

私は、購入して、他の商品と比較して感じた事は、数字以上に厚みが有ます。

モバイルバッテリーで充電しながらスマホを、スマホポーチに入れれるサイズです。

 

特に、iPhone12以降の「MagSafe」に最適です。
(実験していないので、想像に成りますが…..。)
充電用のコードが要らないので、ポーチの中で、USBコネクターの頭が、折れる心配がありません。

 

サイズ比較

例えばiPhone12+「Anker PowerCore Magnetic 5000」(サイズ9.3 x 6.2 x 1.6 cm)なので、
おおよそ、スマホ2台を並べた厚みと、iPhone12+モバイルバッテリーの厚みが同じくらいです。
ミレーのヴァリエ ポーチの後室には、スマホ2台入る空間があります。

 

サイズ比較

そのため、このポーチは、iPhone12、13ユーザーには、発展的使用方法が出来る商品だと思います。
(スマホ2台とモバイルバッテリーを入れると、かなり重く成ります。)

サイズ比較

なお、このポーチ生地には、クッション性は、無いです。スマホを入れる場合は、スマホケースを装着する事を、おすすめします。

仕様

■仕様

寸法
縦:約21cm
横:約14cm
幅:約2cm
容量:1L
重量:800g
材質:500D CORDURA
色:
フォリッジ(アーミーグリーン)
シャドー(濃い灰色)
コヨーテ(マスタード)

寸法は、平置きで測定している為、誤差がありますのでご了承ください。

【ミステリーランチ】フォーリッジャー ポケットで、ウエストポーチを機能拡張だ!!
ボディバッグ(ウエストポーチ)は、変更や改造出来る箇所が少ないです。ミステリーランチのアーバンアサルト21の収納力の弱点克服の為に、フォーリッジャー ポケット活用時に、気づきました。あれ〜アーバンアサルト21の肩紐に付くなら、ボディバッグ(ウエストポーチ)に付くのではないかと思い実験してみました。

モールシステムて、なに?

MOLLEとは、「MO:モジュラー L:ライトウェイト L:ロードキャリーイング E:エクイップメント」Modular Lightweight Load-carrying Equipment(モジュール ライトウェイト ロードキャリング エクイプメント)の略になります。

【ミステリーランチ】アーバンアサルト21は、細身で程良い収納力(上)
【ミステリーランチ】アーバンアサルト21は、超定番のリュックサックですが、シンプルだけどアーミーテイストが有りゴツいです。漢のリュック感が強いですが、カラーも豊富なので女性にも背負ってほしいリュックです。また、肩紐が厚みが有り背負いやすく、走ったり・長時間背負っていても疲れないので、子育て世代や仕事用や学校用にもおすすめです。

ポーチとかを作戦に合わせて、取ったり付けたり出来るシステムになります。

固定ストラップの上にボタン式のストラップが有ります。

固定式ストラップの内側に小型ストラップ(?)が有ります。カラビナや輪ゴムが設置出来ます。
その為、たて方向とよこ方向に二重に固定出来ます。

ストラップにストラップ

比較

似たような大きさの山と道Zip Packとフォーリッジャー ポケットを比較してみました。
大きさは、若干 山と道Zip Packが大きいですが幅は、フォーリッジャー ポケットの方が幅があります。

【山と道】Zip Packで、ザックにポーチを追加しよう!!
リュックサックのヒップベルトにポーチを追加出来たり、背面パッドにポーチが追加出来たら理想的です。リュックサックの黒色と同色の黒色が有れば最高です。しかし、意外とこの手の商品は、有りそうで有りません。山と道と言うメーカーからZip Packと言う追加ポーチが発売されていました。

また、生地の厚みフォーリッジャー ポケットの方が厚みで頑丈です。
山と道Zip Packは、薄くて防水性がありそうです。しかし、丁寧に扱わないと破れそうです。

ポーチ比較

裏側のストラップもフォーリッジャー ポケットは、固定ストラップの上にボタン式のストラップがついています。山と道Zip Packは、固定式のストラップになります。

ポーチ比較

ジッパーは、山と道Zip Packは、防水用でフォーリッジャー ポケットは、非防水の様です。
しかし、フォーリッジャー ポケットの内側は、コーティングされており、防水性にも気を使っています。

ポーチ比較

スポンサーリンク

まとめ

【ミステリーランチ】フォーリッジャー ポケット Lサイズを、レビューしました。

ポーチとカステラ

やっぱり、おもしろいですね。
リュックサックのウエストベルト(腰紐)やリュックサックのショルダーストラップ(肩紐)に設置出来ます。
このポーチには、スマートフォンやお菓子も入ります。

さらに、ウエストポーチに設置しても、利便性が向上しておもしろいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました