【newhattan】1500バケットハットで、サイズ感や洗濯方法やコーデをレビュー

ine-up おめかし
当サイトでは広告が含まれます。
スポンサーリンク

【newhattan】1500バケットハットで、サイズ感や洗濯方法やコーデをレビュー

line-up

こんにちは、てんきん28号.です。

こんかいは、【newhattan】バケットハットを、レビューします。

newhattanの会社の由来は、判りませんが、アメリカのニューヨークで誕生した会社です。

whole view

やや大きめのサイズ感ですが、本格的な造りです。

私は、オシャレ着洗剤を用いて、手洗いで帽子を洗います。

detergent

コーデは上半身の服の色と合わせると合わせやすいです。

気分

material

ロゴも無く、定番のシンプルデザインなので、他の人とかぶら無い事も良いですね。

綿100%の生地で思ったよりも厚みがあるので、夏以外にも冬にも使えそうです。

最近の夏は、猛暑なので、ゆるくバケットハットを被りたい気分です。

wear

豆知識

wear

日本の緯度は、およそ北緯20度〜46度です。日本と同緯度の国は、韓国・トルコ・スペイン・イタリア・ギリシャ・アメリカ合衆国などです。

1日平均日照時間(同緯度):日本(5.3h)・韓国(6.4h)・トルコ(推定6h)・スペイン(6.7h)・イタリア(6.5h)・ギリシャ(推定9.22h)・アメリカ合衆国(8.9h)

1日平均日照時間(その他首都(一部)):オーストラリア(6.1h)・中国(4.9h)・インド(7.1h)・ブラジル(5.7h)

wear

年間平均日照湿度(同緯度):日本(約70%)・韓国(不明)・トルコ(不明)・スペイン(不明)・イタリア(不明)・ギリシャ(不明)・アメリカ合衆国(推定50〜60%)

レビュー

newhattanは、どんな会社

tag

スタンダードアイテムを、良品質でありながら、お値打ちな価格で提供する会社です。

2005年にアメリカのニューヨークで生まれたブランドになります。

New Hattanの社名を気が付いたら、よく見る様になりました。

measurement

しかし、聞き慣れない・見慣れない名前を見ると、

不安になります。

名前を覚えたり社名の由来を知ると、親近感を覚えます。

measurement

私の推測では、(間違っていたら申し訳ありません)

New(新しい) Hat(帽子)tan(触れる)と、思いました。

数学用語のTANgent(正接)よりに由来し、ラテン語で「触れる」という意味です。

measurement

あるいは、Man hattan (マンハッタン)から、拝借と思われます。

マンハッタンは、ニューヨーク州南東部のハドソン川下流域にある島になります。

ニューヨーク生まれのブランドなので、推測ですが地名に由来しているかもしれません。

wear

サイズ感

tag

サイズは、S/MとL/XLを選択出来ます。

頭周りは、S/M(58cm)L/XL(60cm)になります。

わたしの頭周りのサイズは、約59cmです。

wear

L/XLサイズを購入しましたが、S/Mでは小さくL/XLでは一回り大きいサイズでした。

髪を伸ばしたら、丁度良いサイズかもしれません。

サイズ感は、やや大きめの作りに感じます。

wear

大きさが分からない場合は、サイズ調整テープをハットの内側の

「すべり」を入れて調整しましょう。

わたしは、フェルトを帯状に切って、

liner

汗止め兼調整テープとして使用しています。

帽子の深さは、クラウンがドラム缶型なので、トップはキツく無いです。

measurement

クラウンの深さは約10cmあり、深くもなく浅くも無いです。

created by Rinker
キャプテン(CAPTAIN)
¥264 (2024/05/30 00:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

※サイズの測り方

wear

サイズの測る部分は、耳の付け根より指二本分並べた部分が、メジャーで測る部分です。

メジャーの測り方は、額の中央から後頭部へ水平にあてて測った円周が、頭のサイズです。

whole view

【髪の量】や、【髪型】や、【アジャスターでの調整の有無】や、

【ピッタリ】か【ダブダブ】に被り方も、考慮しサイズを選びましょう。

castle

洗濯方法

detergent

私は、エマールやアクロンなどのオシャレ着洗い用の洗剤と、オキシクリーンの2種類を使用します。

エマールとオキシクリーンを別々のタライに10倍くらいに水で薄めて、歯ブラシなとでゴシゴシ洗います。

detergent

(今回は、ニューエラのキャップのツバを部分洗ってみました。

バケットハットの様なハットは、付け洗いが良いと思いいます。)

(オキシクリーンで先に洗ってから、エマール〜オキシクリーンの順番に洗った方が、
汚れが落ちやすいように感じました。)

wash

濡れタオルと乾いたタオルで、何回か拭き取ってから、陰干しをします。

時期にもよりますが、気温が20℃位なら、半日以下で乾きます。

夜間でも、洗った後にタオルで拭き取ってから、扇風機で乾かします。