帽子

帽子関連の記事一覧です。
t28.nagoya Blog では、帽子の商品紹介から帽子の活用方法等をご紹介いたします。

おめかし

【ナイキ】ジョーダン ジャンプマン クラシック99 メタルは、最強にカッコいい!!

【ナイキ】ジョーダンジャンプマンクラシック99 メタルは、素材もデザインから見て、ハイテクスニーカーならぬ、ハイテクキャップでした。ツバ(バイザー)から、全てナイロ素材(一部、ポリエステル)で、「汗染み」や「ホコリ付き」汚れに、強そうです。さらに、ロゴのブラックメタルパーツは、汚れにも強そうです。
おめかし

【ニューエラ】9THIRTYは、本格スポーツテーストを、軽くカジュアルに変身!!

【ニューエラ】9THIRTYは、9TWENTYと似ていますが、被り心地が深めに造られています。「9FORTYの芯なしなので、軽く被れたり」、「顔のデカさをカバーできたり」、「本格的なスポーツキャップは避けたいけど、ニューエラを被りたい人」におすすめのキャップでした。
おめかし

【ニューエラ】9FORTY D-FRAMEは、フォルムが立っていて、キレイ!!

【ニューエラ】9FORTY D-FRAMEは、30代〜40代のキャップに抵抗が有る人に最適キャップです。クラウンのフロントが立って絶壁で、クラウンのトップが立っていて、30代〜40代には懐かしいフォルムです。しかし、懐かしい形状ですが、デザインが現代風にアップデートされています。
スポンサーリンク
おめかし

【ニューエラ】9FORTYを、春になったら買おう!!

【ニューエラ】9FORTYを、購入しました。春の日差しの予感を感じ、9FORTYを購入してみました。9FORTYは、59FIFTYのレプリカキャップです。最大の違いは、アジャスタブル仕様でサイズ調整が可能な事です。
おめかし

【無印良品】防水テープ使いサファリハットは、お手軽な価格で高機能で良い!!

日よけのために広めのツバで、紫外線遮蔽率97%のUPF50+です。浅めに被ると今っぽく、深めに被るとインディージョーンズぽく成ります。アウトドアやハイキングや登山やフェスや運動会の観覧等におすすめです。
こどうぐ

【ニューエラ】キャップ クリップで、バッグにキャップを引っ掛ける便利アイテム

夏場になると、室内に入ると帽子が邪魔で脱ぎますが、帽子をカバンに入れると帽子がぐちゃぐちゃになる事に不便に感じています。 帽子をカバンに引っ掛けられたら、便利だろな〜と!!ありました。このアイテムは、カバンに帽子が引っ掛けられる、便利アイテムです。
おめかし

【比較】ニューエラ59FIFTYとナイキ ジョーダンキャップを比較レビュー!!

ニューエラ59FIFTYは、クラウンが丸く低いので顔が目立ちます。ナイキ ジョーダンキャップは、クラウン(ボディ)が高いので、クラウン(ボディ)が目立ちます。特性を活かして、他者の目線をどこに持って行きたいかを考えて活用すると、頭脳的にファションを楽しめます。
おめかし

【ナイキ】ジョーダンキャップはしっかりした作りでおいしい!!

ベースボールキャップが欲しいけど、人とかぶりたく無い人におすすめです。野球やモータースポーツや無地のキャップに興味が無い人におすすめです。バスケットボールの神様のマイケル・ジョーダンをライブで見ていた世代としては、スニーカー以外にもぜひそろえたいアイテムです。
おめかし

【ニューエラ】59FIFTYキングオブキャップをレビュー!!

40代以上の人には、平つばの帽子はキャプテン翼の若林くんの帽子の様でダサくて、少し抵抗が有ります。ヒップホップブームや2010年ごろから日本のプロ野球でも当たり前になりました。すでに、周回遅れ感が有りますが、少しのコツ(目と眉毛を出す事)で似合います。59FIFTY(平つば)を是非40代男性にお勧めします。
おめかし

【ドーフマン・パシフィック】インディーハットは、憧れと大人の色気と冒険の香り

インディーハットは、50年代のアメリカンスタイルです。60年代頃を境に古臭いイメージでかぶる人が減少しました。しかし、コートと同じで身長が低くい人でもハットをかぶった時の全体のシルエットで補ってくれたり、顔の輪郭や首周りに行く目線をハットに持って行くことが出来る万能アイテムです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました