【ワークマン】アイスアーマー半袖は、単独運用よりも併用が最適!?

インナーおめかし
スポンサーリンク

【ワークマン】アイスアーマー半袖は、単独運用よりも併用が最適!?

インナーを着る

こんにちは、てんきん28号です。

今回は、ワークマンのアイスアーマー半袖 クールネック(ホワイト)を、レビューします。
今回の商品は、ワークマンの実店舗から、商品を購入しました。

今年の夏も猛暑です。
科学の力で、少しでも軽減できればと思い購入しました。
工事色が強いですが、使用してみると工事に従事する作業員さん以外にも、通常のオフィス業務や、レジャーやバベキューや運動会の観覧や散歩やジョギングに最適だと思いました。

Tシャツの首元

生地は、シルキーな手触りと、アイスの様にファーストタッチから、ヒンやりしています。
しかし、人間とは不思議な物で、長時間着ると皮膚感覚が慣れて、冷たく感じなくなります。
その為、単独運用よりも、空調服と併用した方が、より効果が出ると思いました。

保冷剤を入れた様子

また、残念な点は、スーツの夏服の下着として着る場合は、アイスアーマーの黒色箇所がYシャツから透ける事です。
Tシャツの下に着るには、ネックがヒダの様で、Tシャツではネックが首元から見えて目立ちます。
ポロシャツやオックスフォードシャツの襟で隠して、少し改善できます。

Yシャツの首元

購入動機

夏場の暑さが、耐えられなく成ってきました。
気温が上がったからなのか、歳を取ったからなのか解りませんが、春や秋が短くなり暑い夏が延長されている様に感じる今日この頃です。
科学技術で、少しでも涼しく出来無いか、考えました。

インナーのロゴ

普段は、ユニクロやGUのエアリズムを愛用していますが、もっと本格的に冷感するインナーを探してみました。

(ガーク)gark.は、脱げにくい・快適な履き心地・感動靴下!!
脱げる靴下に長年悩んでおりました。原因は、「私の足の形(スクエア形)が原因と諦めておりました」 脱げにくさを追及すると丈が段々と長くなる。丈を短くすると生地の厚みが厚くなり蒸れやすくなる。 しっかり包み込む靴下を発見しました。

 

レビュー

洗濯してみた感想

洗濯脱水で、ほとんど乾いていると思える程、濡れた感は有りません。
夏場に1時間程度干したら、すでに乾いていました。

タグ

すぐ乾く事は、運用面でも大変助かります。
服のローテションやメンテナンスが楽になります。

着てみると、ひんやり

インナーを着る

さすが、接触冷感をうたうだけあり、着ると二の腕や首や背中が、冷たく感じます。
それに反して、胸は冷感を感じていますが、筋肉が有る箇所は逆に発熱を感じました。
一生懸命、胸の筋肉が、冷やさ無いように発熱しているのかと思いました。

インナーを着る

 

【ニューバランス】T360で、大人ジャージを再発見!!
ジャージと言えば、おじさんの休日感バリバリで永らく着た事も有りませんでした。しかし、在宅勤務が多くなると、ジャージは作業着を着ている様な、楽だけど仕事をしている感が出てきました。このジャージの素晴らしさを再発見したら、このジャージで外出したくなりました。サイドのテープが目立た無くてスリムなものを探してみました。

長時間着るなら空調服との併用がベスト

直射日光が当たる室内でエアコン無しで、約3時間ほどアイスアーマー半袖を着用してみました。
さすがに、アイスアーマーを着た当初は冷感が有りましたが、次第に肌が慣れたのか冷感を感じなくなりました。
その為、空調服とかハンディ扇風機と併用した方が、効果が長続きすると思いました。

空調服のFANを回した状態

ここが少し残念

縫目が少し甘い点

確かに、縫目が浅めで、着てみると縫目からストレスを感じません。
しかし、例えば裾や袖の折り返しの縫目が一重で、縫目の間隔が広い様に思います。
縫目が二重で、縫目の感覚が狭いと、耐久性が出ると思います。

縫目

コンプレッションウェアなので、縫目が密だと肌に当たり、ストレスを感じます。
しかし、見るからに縫目が荒い箇所も有りますので、見た目を気にする人には、少しラフな様に感じます。

縫目

Yシャツから透ける事

メッシュの透け

スーツの夏服の下着として着る場合は、アイスアーマーの脇のメッシュ生地の黒色箇所がYシャツから透ける事です。
また、これはしょうがないけれど、生地が薄いため、びぃちくが透ける事です。

透ける

白色の方が、汎用性があり、オフィース用のYシャツから普段着のTシャツから工事での作業着まで使えると思いました。
しかし、逆に黒色の方が脇のメッシュ生地も黒色なので、Yシャツから透けても、全体的に黒色が透けるので良いと思いました。
また、黒色の方が、びぃちくが透けづらいと思いました。

Yシャツから透ける

ネックが立ち過ぎ

ネック

首の冷感の為か、ネックが指一本分のヒダの様に成っています。
ネックがリブになってい無い為、ネックが寝ないで、首元に沿ってネックが立ちます。

ネックの様子

 

【比較】GUワイドフィットTとルーズフィットTを比較!
2017年から発売のヘビーウェイトビッグTや2018年のスーパービッグTと流行に敏感なGUさんが今年も発売してきました。ワイドフィットTもルーズフィットTも5分袖にしては、袖が長く、肩が撫で肩感がより強くなっている事を感じます。また、ネック(首回り)が、買ったばっかりですが、ゴムが強くて、ネックがぴっちりしています。

その為、Tシャツの下に着るには、ネックが立ち過ぎていて(モックネックぽいです。)、Tシャツではネックが首元から見えて目立ちます。
ポロシャツやオックスフォードシャツの襟で隠して、少し改善できます。
また、同系色でインナーとアウターの色を揃えるのも、少し改善できます。

インナーとTシャツが同系色

【ワークマン】Wind Coreシェルベストは、夏のレジャーの新定番!!
アウトドア系やアミー系から流入のノースフェイスやMA-1が有る様に、工事現場から流入したファションも有りです。【ワークマン】Wind Coreシェルベストは、暑さを吹き飛ばし、快適な日々が過ごせる優れたアイテムです。ワークはもちろん、アウトドアや スポーツ観戦や タウンユースや 農作業や 通勤通学に、最適なベストです。

比較

GUのSTYLE-DRYと比較してみました。
STYLE-DRYも接触冷感ですが、コンプレッションでは無いので、肌に当たっている箇所のみ冷感です。

インナーきる
その為、ワークマンのアイスアーマー方が、冷感を体の広い面積を感じます。

【GU】STYLE-DRY VネックTは、エアリズムより薄灰色でインナーに最適?
私がお勧めする箇所は、丈とかのサイズがジャスト感と首周りの襟もジャスト感です。正直、ユニクロのエアリズム一筋でした。悪く言うと、生地代を切り詰めたピタピタ感が有ります。良く言うと、丁度良いサイズ感が有ります。

 

【GU】ウォッシャブルトラウザーCLは、夏のビジネス男子向け!!
ウエストにドローストリングとゴムシャーリングを搭載しており、腰回りの調整が難しい体型でも調整が自由です。お尻まわりも、スラッとしており、ダブつきが無く、お尻から脚までキレイに見えます。足首辺りが、先期モデルは”ぱっつん”としており足首が露出しましたが、今期モデルは足首が露出せず”ふっくら”と膨らみが出来ます。

 

ここを改造して欲しい点

背中にメッシュ窓を設置

脱ぐ時に、汗をいっぱい吸った生地が、肌に張り付き不快です。
20年前に、ユニクロのコンプレッションウェアで、一時期だけ背中に放熱用の窓が付いた物が、ありました。
耐久度を下げても良いので、背中にも放熱用のメッシュ窓を付けたウェアーを、作って欲しいです。

縫目とメッシュを生地と同色化

やはり、Yシャツから黒色の縫目と黒色のメッシュは透けるので、生地と同色にして欲しいです。

スポンサーリンク

まとめ

【ワークマン】アイスアーマー半袖(ホワイト)をレビューしてみました。

私の感想としては、単独運用よりも空調服やハンディ扇風機と併用した方が、冷感が長続きします。
また、ネックがリブでは無くヒダ状な為、着合わせには工夫が必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました