【ゼブラ】スライド式油性ボールペン SL-F1mini BA55を、お供に是非!!

ボールペンこどうぐ
スポンサーリンク

【ゼブラ】スライド式油性ボールペン SL-F1mini BA55を、お供に是非!!

ポケットにボールペン

こんにちは、てんきん28号.です。

こんかいは、【ゼブラ】のスライド式油性ボールペン SL-F1mini BA55を、レビューします。

郵便局でショックを受けて、常備持用ボールペンの必要性を感じ、探してみました。比較

小型ボールペンですが、書きやすさを犠牲にしないボールペンです。

また、非ノック式・キャップが無いのが、良いです。

特に有難いのが、ペン先が露出しないので、Yシャツや鞄の中で、勝手に落書きしないので、安心して収納できます。

さらに、ボディの外装が、ラメが効いてて、大人が持っても恥ずかしくないです。

気持ち

昨今の状況が、非常時の小型ボールペンを必要と感じました。

一番のショックは、やはり郵便局でした。

窓口に、問い合わせに、伺いました。

カバンにペン

書面に記載するボールペンが、カウンターに有りませんでした。

衛生上、ボールぺンが、有りませんでした。

世の中が変わった事を、実感しました。

カバンにペン

持ち歩いても邪魔にならない、ボールペンを、持ち歩きたいと思いました。

仕様

■仕様

■型番:BA55
■サイズ:
全長:約8.4〜10.6cm(最小〜最大)
直径:0.8cm(最大箇所)
■重量:約11.34g
■線幅:0.7mm
■材質:真鍮
■替芯:F-0.7ボールペン替芯(油性インク0.7mm黒インク)(BR-1B-F-BK)
■カラー:ネイビー、ブラック、ホワイト、シルバー、ピンク、ライトブルー、
■インク:油性
■インク色:黒色

 

レビュー

書きやすさを犠牲にしないボールペン

SL-F1miniを、握って感じた事は、「小さい割には書きやすい」です。

まずは、ボディの重さが、ちょうど良い重さです。

軽すぎない、重いボディです。

重量測定

普通のボールペンと変わらない、重さと表現するば良いと思います。

軽すぎると、逆に書きにくいですが、手が覚えている、丁度良い重さです。

PILOTのフリクションペンと、同じ約12gでした。

重量測定

また、ペン先も0.7mmで文字の太さも、

インクのノリは普通と思いました。

インクは、水性のさらっとしか感じでは無く、油性の重い感じです。

水性のサラッとした感触ではありません。

書き比べ

私は、uniのJETSTREAMボールペンのインクが、好きです。

JETSTREAMインクは、油性ですが、水性の様にサラッとした感触です。

書き比べ

ペンのグリップが細いので、ペン先に力をかけて感触をしっかりと指に伝える様に書かせたいのかもしれません。

その為、インクを重めにしたのかなと、思いました。

また、水性インクですと、書きやすので、インクの消費量が多くなる事を嫌ったのかもしれません(勝手な推測ですが…..。)。

書き比べて

非ノック式・キャップが無いのが、良い

最大の利点は、キャップが無い事と、非ノック式な事です。

キャップが無い事と非ノック式の利点は、シャツのポケットやカバンに入れても、キャップ外れやノックが勝手に押されない事です。

ペン比較

よく、ボールペンのペン先が勝手に出て、ペン先のインクが、ワイシャツのポケットや鞄の内張を、汚します。

伸縮式の為、収納時にペン先が、カバーされます。

また、伸縮式の方法は、回転式では無く、上下の伸縮方法です。

ペン比較

私は、個人的には、回転式よりも、上下伸縮式の方が好きです。

手首をひねらなくて、良いのが、好きなポイントです。

回転式ですと、物を持ちながら、ペン先を出すときに瞬時に動作できないからです。

全景

大人が持っても恥ずかしくない

鞄

文具は、意外と持ち主を、表します。

その為、あまりにも安価な外見ですと、使う場所によっては、恥ずかしい時があります。

見栄を張らなければ、全然気にしない話です。

鞄の中にペン

しかし、アメリカでは、小物にも気を配るのが、マナーです。

SL-F1miniは、ボディの塗装が、ツルんとしたメタル塗装で、高級感があります。

また、各所にメタルが配置されており、分割箇所を上品に表しております。

ペンの塗装感

大人が持っても、恥ずかしく無い、高級感があります。

比較

【OHTO】のミニモのボールペンと、【ハイタイド】ペンコ バレットボールペン ライトを、比較してみました。

比較

ミニモは、極小極細のボールペンです。ペンコは、キャップ式の小型ボールペンです。

ペンコは、ペン軸が太めが好きな人に、おすすめです。

【ハイタイド】ペンコ バレットボールペン ライトを外に持ち出そう
とにかく物を減らしたい、物を持ちたくない人にオススメです。小さくてかわいい実用グッズが好きな人にもオススメです。私は、外出や小旅行に活用しています。ペンを使う機会が無いようで意外とあります。オモチャみたいなペンですが、これは便利です。普通のカバンにもウエストポーチにもズボンのポケットにも入れても邪魔になりません。

ミニモは、とにかく極小で極細なボールペンが好きな人に、おすすめです。

【OHTO】ミニモ ボールペンは、超極細ボディで可愛い
【OHTO】のミニモ ボールペンは、超極細ペンを購入したキッカケは、なんと言っても、ミニチュアの様でかわいいさです。「ニードルポイント」で、書きやすいです。さらに、手帳や名刺入れやメモ帳にピッタリです。シャープペンもありますので、小さい物好きな人や手帳に予備用として忍ばせたい人におすすめです。

SL-F1miniは、この中間にある、ボールペンだと思います。

比較

ミニモほど極小極細でも無く、ペンコの様にキャップ式では有りません。

極限まで、持ち物を減らす必要が無ければ、SL-F1miniはちょうどいいサイズです。

ここがちょっと残念!!

カチッと、根本までスライドしないと、ペン先が露出してしまいます。

ペン先

小型スライドボールペンなので、しょうがないですが、ペン先のカバーが少し浅いです。

スポンサーリンク

まとめ

【ゼブラ】スライド式油性ボールペン SL-F1mini BA55を、レビューしました。

小型ボールペンですが、書きやすさを犠牲にしないボールペンです。

また、非ノック式・キャップが無いのが、良いです。

Yシャツにペン

特に有難いのが、ペン先が露出しないので、Yシャツや鞄の中で、勝手に落書きしないので、安心して収納できます。

さらに、ボディの外装が、ラメが効いてて、大人が持っても恥ずかしくないです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました