【BLUNT】CLASSIC傘は、頑丈で背負えるので、通勤時邪魔にならない!!

傘を襷掛けこどうぐ
スポンサーリンク

【BLUNT】CLASSIC傘は、頑丈で背負えるので、通勤時邪魔にならない!!

傘の上部

BLUNTの CLASSIC 傘のレビュー記事です。

この傘を購入して、約10年経ちましたが、生地の破れ無しシャフトの曲がりも無しで、頑丈な傘です。

台風や強風時の雨にもびくともしない頑丈さや、大雨や雪にも大きので防いでくれます

傘の骨組み


面白いのが、傘をSLEEVE(専用キャリーケース)に入れると、ベルトが付いているので肩に掛けて持ち運びが出来る事が最大の利点です。
(日本のホームページでは、キャリーケースを確認する事が出来ませんでした。
セカンド ジェネレーションからキャリーケースは、販売されていないのかな?
BLUNT MINIにはキャリーケースと一緒に販売されていました。)

傘と袋

肩に引っ掛けている様が、忍者サムライの様です。
しかし、最大の利点は、大きな傘を肩に引っ掛けて持ち運べるので、通勤時や電車内で両手を開けたい場合に利点が有ります。
(少し、人の目が気になりますが………。)

傘をリュックに背負う

とにかく、頑丈大きな傘を持ち運びたい人におすすめです。

【カリマー】トリビュート40はビジネス向け
26Lザックも良いですが物が少し増えると、取捨選択を迫られるのが嫌になりました。そこで、頑丈で物がたくさん入って、コンパクトで黒いザックを探していました。グレゴリーコンパス40とマムートneon gear45 と迷いましたが、【カリマー】トリビュート40はにしました。決めては、PCホルダーと黒くてシンプルで丸い事です。

レビュー

・傘         CLASSIC ¥8,250   〜  ¥12,980(税込)

傘部分の直径 120cm

親骨の長さ  65cm

 

・専用キャリーケース SLEEVE  ¥7,000位

(2020年12月17日現在、品切れの為購入出来ない様です。)

長さ 67cm

傘と傘ケース

 

私が購入した10年前は、キャリーケースも一緒について来ました。

現在は、別売りの様です。

 

傘とケース

さすが秒速30mの風に耐える構造です。

傘の比較

左:通常の傘。右:BLUNTの傘。シャフトが右の方が太いです。

傘の比較

左:通常の傘。右:BLUNTの傘。骨組みも太いです。

傘のデザイン

傘の上部も流面系で空気抵抗が低そうです。

 

安全で人を傷つけない構造です。

傘の先端

 

傘の先端の石突がゴムで覆われています。言われて初めて気づきました。

確かに階段で傘を振って歩いている人を見かけます。

傘の先端が後ろの人に当たると思うと恐ろしいです。

傘の先端の比較

左:通常の傘。右:BLUNTの傘

 

又、傘のホロの四隅が丸く金属がありません。この部分も人にぶつかって、人を傷つけない作りです。

傘の四隅の比較

左:通常の傘。右:BLUNTの傘

 

木刀の様に頑丈?

中棒(シャフト)が鉄で出来ていますが、普通の傘と比べて太いです。そして、不思議と軽いです。

そして、骨組みも普通の傘と比べて太いです。

傘のシャフト

 

手で持った直感は、木刀を持っている様で、硬くて頑丈だと感じます。

傘の太さ

 

専用のキャリーケースに入れると移動が楽

専用キャリーケース(SLEEVE)には、ハンドルが付いているので、たすき掛けをすると山賊の様に見えます。

傘を襷掛け

 

又、肩に掛けてると、侍の様でカッコいいです。

傘を肩にかける

 

カッコ良さは、あまり関係ありませんが、電車に乗ると傘が邪魔な時が有ります。

傘を肘にかける

ハンドルが付いていると肩に掛けなくても、肘に引っ掛けたり、鞄に引っ掛けられるので傘が持ち易いです。

傘をリュックに引っ掛ける

スポンサーリンク

まとめ

傘の内部構造

BLUNTの CLASSIC 傘のレビュー記事でした。

 

台風や強風時の雨にもびくともしない頑丈さや、大雨や雪にも大きので防いでくれます

 

面白いのが、傘をSLEEVE(専用キャリーケース)に入れると、ベルトが付いているので肩に掛けて持ち運びが出来る事が最大の利点です。肩に引っ掛けている様が、忍者サムライの様です。

傘

 

とにかく、頑丈大きな傘を持ち運びたい人におすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました