中型バックパック(30L)

中型バックパック(30L)関連の記事一覧です。
t28.nagoya Blog では、中型バックパック(30L)の紹介から中型バックパック(30L)の活用方法等をご紹介いたします。

かばん

【HERZ】R-5は、流川楓が背負ってそうなバックパック

HERZのR-5バックパックは、大人のバッグ選びに、十分耐えらる仕様でした。長く愛用できて、仕事や休日でも使える、汎用性が高いデザインが重要でした。シンプルで「派手な柄」や「派手な配色」が無い事にも、好感が持てます。まるで、漫画のキャラクターが使用してそうな、HERZのR-5バックパックでした。
かばん

【サンコー鞄】STUMP SBBP-46は、イスになるバックパック 其の弐

イスの様に、バックパック上部に腰掛けれる構造のバックパックですが、背負心地は硬めです。ノートPCの収納は、15インチジャストまでが良いです。
かばん

【サンコー鞄】STUMPは、運動会や旅行に最適な、イスになるバックパック 其の壱

日本の創業128年のスーツケースメーカーが造った、座れるバックパックです。運動会の観覧や、疲れた時の休憩や、簡易オフィースとしても活用できます。
スポンサーリンク
かばん

【商品歴史、購入方法、会社】KABIG,KABAN,KABYTEへの愛が止まらない

今回は、ノースフェイスのKABIG、KABAN、KABYTEの歴史を、おぼろげな記憶をたどりながら記載いたします。
かばん

【比較】KABIG・KABAN・KABYTEて、どれがおすすめ!?

今回は、KABIG 40L・KABAN 26L・KABYTE 20Lを比較し、どれがおすすめか検証します。私の個人的な感想は、都市部在住や学生さんであれば、KABANです。地方在住で、移動が自動車の場合は、KABYTEをおすすめです。最後に、出張や荷物を常に持ち歩きたい人は、KABIGをおすすめです。
かばん

【ニューエラ】ラックサックは、キャプのためのバックパック!!

【ニューエラ】ラックサックは、15インチノートPCを楽々に収納出来ます。背負い心地や汗蒸れ対策も、よく考えられています。単独別売設定が無い、キャッププロテクター1個が付属されていますので、カバーポケット内にキャップを仕舞う事も出来ます。オプションのCap Clip(別売)を付けると、バッグにキャップが引っ掛けられます。
かばん

【比較】トランスポーター ジップ トップ パックとKABANをレビュー

初見から、トランスポーター ジップ トップ パックとザ・ノース・フェイスのKABANて似ていると思いました。似ていると感じる3ポイント。①シンプルなデザイン②機能性(ポケット等の収納力の配置)③設計思想(自転車用のライトをクリップ出来るライトループあり)
かばん

【オスプレー】トランスポーター ジップ トップ パックをレビュー2

ヨーロッパやアメリカ物は無骨な位に頑丈で、おおらかな造りが魅力でした。しかし、オスプレーのトランスポーター ジップ トップ パックは、心配なくらいシンプルです。今までの感覚で見たら何も付いていないと思うか、現代の感覚で見て無駄な物が付いていなくシンプルで都会的なデザインと思うかは自分次第です。
かばん

【オスプレー】トランスポーター ジップ トップ パックをレビュー

オスプレーのトランスポーター ジップ トップ パックは、ザ・ノースフェイスのKABANとボブルビー(ポイント65)のメガロポリス(ボブルビー25L GT)を合わせたデザインと、カリマー トリビュート40の背面パッドを併せた様な良いとこ取りしたデザインのリュックサックです。
かばん

【ボブルビー(ポイント65)】メガロポリス(ボブルビー25L GT)のレビュー!!

旧ボブルビー(現ポイント65)社の旧メガロポリス(現ボブルビー25L GT)をレビューします。ハードシェルバックパックが欲しい人。人と違うバックパックが欲しい人にオススメです。カバンメーカーは2015年に同じスェーデンの別スポーツメーカーにライセンスを引き継がれた為、メーカー名とブランド名が変わっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました