【メモボトル】スリムを、転勤・就職したら買おう(洗い方、使用感もレビュー)

かっこいい構図こどうぐ
スポンサーリンク

【メモボトル】スリムを、転勤・就職したら買おう(洗い方、使用感もレビュー)

箱

こんにちは、てんきん28号.です。

こんかいは、【memo bottle(メモボトル)】のSlim memobottle(スリム)を、レビューします。

ノートPCや書類を持ち歩くと、丸い水筒だと、鞄の中でぶつかるので、四角い水筒が欲しくなりました。水筒

また、バックパックが飽きて来たので、トートバックやブリーフケースに合う、スリムな水筒も欲しくなりました。

見た目もカッコよく、容量も少なくて事足りれば、鞄の中がスッキリします。

洗い方や、値段や、自立しない事も、いろいろ残念ポイントもあります。

水筒比較

しかし、購入する前から、解っていた事だったので、デザインとスリムな用途を優先しました。

気持ち

水筒比較

電車移動が主体になると、鞄の容量が、全てになります。

特に、ノートPCや書類を持ち歩くと、丸い水筒だと、鞄の中でぶつかって邪魔です。

pcと水筒

四角い水筒(特に、平べったい事が、重要)が、欲しくなりました。

探すと、四角い水筒は、有りませんでした。さらに、軽い水筒が、欲しくなりました。

重量測定

使用感想レビュー(ここが、いいポイント)

鞄の中がスッキリ

本音は、バックパックが皆んな持っているので、飽きて来ました。

トートバックやブリーフケースを、持ちたくなりました。

鞄と水筒

トートバックやブリーフケースは、基本的に幅が、細いです。

自販機やコンビニで、ペットボトルを買ってもいいですが、ペットボトルは円柱形なので鞄では使いにくいです。

バッグの中に水筒

Slim memobottleは、角が無いので、鞄の中がスッキリします。

鞄の中の荷物

見た目がカッコいい

持って歩くと、必ず「何それ?!」「かっこいい!!」と、必ず声を掛けられます。

自分も純粋に、「かたち」が、「かっこいい!!」と思いました。

水筒と手帳

しかし、自分以外も、「かたち」が、「かっこいい!!」と思っている様です。

持ち歩くなら、1Lもいらないかも

一日2Lの水分が必要と、聞いて、2L持ち歩いていました。

本当に、2Lは、重いです。

実際、どのくらい必要か、実験してみました。

バックパックと荷物

冬場なら、仕事中は、350mlも要らなかったです。

食事の時も水分を摂るので、日中(仕事中)は、少し大きめの450mlの水筒にしました。

もっと水分を必要な場合は、水分を買い足してもいいと思いました。

水筒比較

ここは、あきらめポイント

洗い方

洗剤

口が小さいので、スポンジで洗うのは、不可能です。

水筒を洗剤で洗う

私は、スプレータイプの洗剤で、洗ってます。

洗剤の泡を落とすのに、水を4〜5回入れ替えます。

水筒を洗う

保温・保冷できない

耐熱温度が100度・耐冷温度が-5度ですが、保温や保冷できません。

また、基本入れる飲み物は、水専用です。

水筒に水を入れる

私は、水は飽きるので、水出しの緑茶を入れてます。

2〜3日、緑茶を入れていますが、今のところ問題はありません。

水筒に緑茶を入れる

少し漏れるので、ジップロックが必要

100%漏れない水筒は、存在しません。

小さい水滴が、10滴出ている程度の漏れでした。想定内の漏れ具合です。

多少の水漏れ

やはり、IKEAのBAMSIGの2Lに入れる事を、強くお勧めします。フリーザーバッグ

多少、水筒から漏れても、心配はありません。

また、HEIKOのフリーザーバッグのLサイズでも、良いです。

ジップロック

IKEAのBAMSIGは、お値段が高いので、主にフリーザーバッグを使用しています。

フリーザーバッグを、折り畳めば、大差ないです。

ここに期待(ここが少し残念)

立たないので、スタンドが必要

解っていましたが、自立しません。

机の上では、邪魔です。

そこで、スタンドを探してみました。

水筒の底

キックスターターで、商品が発売されている様です。

ホームページからも、スタンドを発見しました。

しかし、言語表示や料金表示が、英語やドル表示でしたので、しばらく待つ事にしました。

文鎮

だけど、文鎮代わりになるので、ノートの上に置くと便利かも?

落としたら割れるかもしれないので、カバーが必要

ペットボトルほど、薄くて、ペラペラではありません。

しかし、水筒のお腹を押すと、たわみます。

できれば、カバーが欲しいです。

材質

そこで、カバーを探してみました。

キックスターターで、商品が発売されている様です。

ホームページからも、カバーやストラップを発見しました。

材質の厚み

しかし、言語表示や料金表示が、英語やドル表示でしたので、しばらく待つ事にしました。

水筒にカバーが無くても、「中身の容量がわかったり」と「透明なボディーが、かっこいい」ので、許します。

比較

購入方法

私は、Amazonで購入しました。

Amazonや楽天なのでECサイトと、日本の代理店や本国のホームページでは、値段に差があります。

しかし、輸入品なので、卸す時期によって値段が違う様です。

箱

値段の高い低いで、一喜一憂するよりも、私はいつも購入するAmazonで購入しました。

好きな場所で、購入すればいいと、思いました。

箱

仕様

■仕様

■重量:約106g(Slim)

重量

■寸法:

縦:約26.5cm(フタ含む)
横:約8cm
幅:約3cm

■容量:450mL

■材質:

本体:コポリエステル(BPAフリー)
フタ:ポリプロピレン
フタ内パッキン:シリコン

■耐熱温度:100度

■耐冷温度:-5度

■種類:A5(750ml)、Slim(450ml)、A6(375ml)、A7(180ml)

スポンサーリンク

まとめ

【メモボトル】スリムを、レビューしました。

ノートPCや書類を持ち歩くと、丸い水筒だと、鞄の中でぶつからない、四角い水筒です。

スリムなトートバックやブリーフケースに合う、スリムな水筒です。

スカイツリー

見た目もカッコよく、容量も少なくて事足りるのであれば、鞄の中がスッキリします。

洗い方や、値段や、自立しない事も、いろいろ残念ポイントもありました。

しかし、購入する前から、解っていた事だったので、デザインとスリムな用途を優先しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました