【MILESTO】バックパック 用メッシュファンパネルが背中の汗蒸対策

メッシュパネル全景こどうぐ
スポンサーリンク

【感想記】バックパック 用メッシュファンパネルが背中の汗蒸対策

メッシュパネル全景

鞄からリュックサックで会社に通勤する事になりました。

タグ

5月頃から背中が暑くて苦痛です。

具体的には、リュック背面と背中の設置面が背中で汗蒸れが第一要因です。

リュックサック側にも、リュックサックの背面の表皮が破れたり、塩を吹いたりします。


リュックサック背面表皮破れ

表皮破れの補修や暑さ対策で、リュックサックと背中の隙間をあける、下駄を探して来ました。

リュックサック潮吹き

ネット通販では、下駄が大きくわけて2種類ありました。

それは、「メッシュ型」「下駄型」がありました。

オプションの下駄
今でもボブルビー(Point65)を使っていますが、ボブルビーの下駄は下駄型です。

オプションの下駄
下駄は背中とリュックサックの間に隙間を作ります。

【ボブルビー(ポイント65)】メガロポリス(ボブルビー25L GT)のレビュー!!
旧ボブルビー(現ポイント65)社の旧メガロポリス(現ボブルビー25L GT)をレビューします。ハードシェルバックパックが欲しい人。人と違うバックパックが欲しい人にオススメです。カバンメーカーは2015年に同じスェーデンの別スポーツメーカーにライセンスを引き継がれた為、メーカー名とブランド名が変わっています。

しかし、下駄と背中が当たる部分は、汗染みが出来ます。

その経験上、メッシュ型と下駄型の複合最適だと思います。

又、下駄型は素材に関わらず重量が増します。

都市部での使用でも、夏の暑い中では、少しの重量が体力を削ります。

今回のバックパック 用メッシュファンパネルは「メッシュ型」で「下駄型」のいいとこ取りをしています。

リュックサックにメッシュパネルを設置又、今回の大目玉は、携帯扇風機を設置出来る事です。

空調服は、まだまだ高額です。

バックパック 用メッシュファンパネルの使用感は、どうでしょうか興味が湧きましたので、実験してみました。

【WILD THINGS】 スマホポーチは、スマホ2台入れに最高!!
WILD THINGS スマホポーチをレビューします。このポーチは、程よい大きさとシンプルデザインと多機能なポーチです。スマホケースやモバイルバッテリーケースを探している人にお勧めです。

細部のパーツ

リュックにメッシュパネルを設置

【ノースフェイス】KABANは、黒ステルスカバン+最強バックパック
【ノースフェイス】KABANは、とにかく黒くて、何でも入るバックパックが欲しいと思い購入しました。何でも良いわけでは無く、第一に背負った時に軽く感じる事。第二に修理できる事。第三に価格が¥15,000 位でお値打ちな価格な事。

26L  のKABAN に設置すると、一回り小型です。

大型のザックには、合わないかもしれません。

しかし、背負ってみると気になりません。

意外と大型でも小型でも大丈夫だと思います。

小型リュックにメッシュパネルを設置

設置方法は、肩紐の上部と下部をボタンで固定します。

因みに、
上部のボタン幅は、最小箇所は約8.5cm、最大箇所が約11.5cmの2箇所です。
下部のボタン幅は、約3cmの1箇所です。

ボタン固定写真

私のリュックサックの肩紐の上部幅は、約7.5cm ですので、数字上ゆとりが有ると思いました。
しかし、ボタンの端と端を固定するには、肩紐を1周半の為、肩紐の厚み(約1cm)を含めると
約7.5cm+約3.75cm+約1cm=12.25cmになります。
そうなると、少しギリギリです。

肩紐下部をボタンで固定

しかし、ボタンが違う帯に付いているので、ギチギチになる事はありません。

その為、参考程度に考えても良いでしょう。

私のリュックも一回りブカブカです。

ボタンとボタンとの間の離隔

又、携帯用扇風機を固定するゴム箇所は、2箇所あります。

最上部と最下部の末端まで約9cmあります。

携帯用扇風機が飛ばない様に、携帯用扇風機のストラップで縛った方が良いでしょう。

扇風機固定ゴム

(添付写真は、設置場所を間違っています。参考に添付しています。写真の縦と横の交差箇所のバンドの裏側にゴムバンドに見える箇所がありますが、そこは、携帯扇風機の固定用ゴムバンドではありません。正しくは、写真のゴムバンド上部と下部の2箇所になります。)

気温 摂氏34℃で実験してみよう!!

屋外で使用状況

天気は、晴。気温は、摂氏34℃の無風の状態で、背負ってきました。

携帯用扇風機の風量は、中間にして来ました。

正直、携帯用扇風機の風は、モーター音が気になる程度で、良く判りませんでした。

リュック背負い状態

おそらく、風が隙間から逃げてしまっているので、期待していた涼しさは感じませんでした。

公平な目線で見ると、摂氏34℃の風を流しているだけなので、涼しさは感じないのが普通です。

Tシャツの汗染み状態

しかし、約1時間後にTシャツを見てみると、携帯扇風機の風が当たった箇所のみ汗染みが軽減されている様に見えます(Tシャツは、スポーツTシャツなので、ドライ仕様です。


又、中に1枚エアリズムを着ています。

中に着ていたエアリズムは、携帯扇風機箇所も汗染みが有りました。

尚、綿のTシャツだと、もっと汗染みが出るかと思います。)。
つまり、携帯扇風機の風が汗を蒸発させていると思います。引き続きレポートしていきたいと思います。

【ノースフェイス】シャトルディパックは、ON ・OFF両方イケル!!
正直、学生時代や20代前半は良くリュックサックを買って言いましたが、20代後半と30代はカバンがメインでした。最近の風潮のシンプル化もありますが、どちらかと言うと面倒くさくなった事がリュックサック回帰です。特にKABANの良さに惚れ込み、シャトルディパック(KABANの修理中)を購入しました。
【ドッペルギャンガー】バックパックメッシュサポーター「背中蒸れんゾ」は、通勤で使用可
今まで登山系アイテムが主流でしたが、バイク関連用品ブランドが作った特徴が、ラバーメッシュです。おもしろい点は、分解できる事です。これは、壊れても、将来的に交換(修理)出来ると思いました。

 

1年使用し、故障箇所

1年間使用し、気がつくとメッシュ生地の下部が解れてしまいました。

メッシュが解ける

思い当たる原因は、特に有りません。

何かが引っ掛かった事が、原因だと思います。
メッシュの紐を見てみると、少し細い様に感じますが…….。
再発防止策は、使い方を気をつける以外に、特にありません。

補修シート

そこで、100均の補修シートをメッシュの解れの上から貼って補修してみました。

アイロンで補修シートを貼る
補修シートがアイロンの熱で融着するタイプで剥がれる心配が有ったので、念のために裏からボンドで貼ってみました。

失敗事例 フレームを溶かす

1点 失敗したのは、アイロンを補修シートに直に当てていたので、フレームを溶かしてしまいました。

是非、試される場合は、ハンカチ等の当て布をあてましょう。

補修完成


スポンサーリンク

まとめ

椅子にメッシュファンパネル

説明書

短い使用期間のレビューですが、一番は隙間が開いた事が良いと思います。

目玉の携帯扇風機入れも、良いアイディアだと思います

(効果は、空調服未満ですが、無いよりは有った方が良いです。)。

又、リュックサック以外にも、室内の椅子や自動車の椅子に設置しても良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました