【サンコー鞄】STUMP SBBP-46は、イスになるバックパック 其の弐

バックパックを背負っている風景かばん
スポンサーリンク

【サンコー鞄】STUMPは、イスになるバックパック 其の弐

バックパックに座る

こんにちは、てんきん28号です。

今回もサンコー鞄株式会社のSTUMP SBBP-46を、レビューします。

イスの様に、バックパック上部に腰掛けれる構造のバックパックですが、背負心地は硬めです。

ノートPCの収納は、15インチジャストまでが良いです。

生地の厚み

この商品は、2021年6月〜8月の間に、クラウドファンディングで、発売された商品になります。

現在は、一般販売されております。

仕様

■型番:SBBP-46
■寸法:
横:34cm
縦:46cm
幅:21cm
■重量: 1.2kg / 1.9kg(フレーム含む)
■容量: 約30L
■材質:
ポリエステル900D
リサイクルポリエステル210D
アルミニウム
■ポケット:15個
■着脱仕切り幕有無:有
■色 : Black 、 Olive Green
■種類:
2種類
・SBBP-46(30L・46cmサイズ)

・SBBP-41(22L・41cmサイズ)
■色 : Black、Olive Green
■寸法 :
横32cm
縦41cm
幅20cm
■重量 : 1.0kg / 1.7kg(フレーム含む)
■容量 : 22L
■材質 :
ポリエステル900D
リサイクルポリエステル210D
アルミニウム

Pranktonて、何?!

サンコー鞄が提案する、日常ユースからレジャー・トラベルユースのカジュアルブランド「Prankton」。

タグ

「いたずら」を意味する「prank」と、「街」を意味する接尾語「-ton」の造語になります。

「Prankton」は、新しいライフスタイルに向けて、カジュアルな軽快さ・ユニークさを持ちながら、道具としての真面目さを併せ持ったプロダクトになります。

タグ

肩に荷重が掛かる、硬めの背負心地

ショルダーハーネスの幅は6cm〜6.5cmで一般的ですが、スポンジがメッシュ状で薄いです。

肩紐

また、背面パッドもメッシュ状の波形形状ですが、スポンジは薄いです。

チェストストラップは、有りますが、ショルダーストラップは、ありません。また、Dリングも、ありません。

ショルダーハーネス等

背負心地は、中くらいです。悪くは無いですが、特別良くも有りません。

アルミフレームの荷重もあり、肩に重さを感じるタイプのバックパックです。

しかし、荷物を積んであげると、背中の感触が途端に良くなります。特にノートPCスリーブに、クッション性のあるポーチを入れてあげると、抜群に良くなります。

背面パッドの内側

 

また、肩に負担が大きくなりますが、メッシュパネルを入れてあげると、軽い背負い心地になります。
【ドッペルギャンガー】「背中蒸れんゾ」 と 【MILESTO】メッシュファンパネルであれば、「背中蒸れんゾ」が良いと思います。

【比較】メッシュパネルは、涼しく長持ちなのは、どっち?!
メッシュパネル2種類を、比較します。耐久性(将来の保守部品販売の可能性を含む)を、重視する場合は、1.「背中蒸れんゾ」。価格や、背負い心地や、気軽に実店舗で購入したい場合は、2.メッシュファンパネル。どちらも、素晴です。両方購入すのが、最大のおすすめです。

メッシュファンパネルは、背中に大きな張りを作り、バックパックがズレ無くなり、良いですが、背中に荷重が大きくなります。
「背中蒸れんゾ」は、張りがほとんど無いので、それほど、肩に荷重がかかりません(荷重は、ゼロではありません。)。

【MILESTO】バックパック 用メッシュファンパネルが背中の汗蒸対策
鞄からリュックサックで会社に通勤する様になりました。5月頃から背中が暑くて苦痛です。リュック背面と背中の設置面が汗蒸れが第一要因です。今回紹介する【MILESTO】バックパック 用メッシュファンパネルは、どうでしょうか試してみました。

バックパネルをイスとして使うと、両方とものメッシュパネルは、地面に付いてしまいますが、背負心地の観点からは、メッシュパネルを付けた方が、背負心地が良くなります。
(メッシュパネルを付けると、背面からアクセスできなくなります。)
しかし、肩への荷重は、変わりませんので、あきらめましょう。

【ドッペルギャンガー】バックパックメッシュサポーター「背中蒸れんゾ」は、通勤で使用可
今まで登山系アイテムが主流でしたが、バイク関連用品ブランドが作った特徴が、ラバーメッシュです。おもしろい点は、分解できる事です。これは、壊れても、将来的に交換(修理)出来ると思いました。

 

高級バックパックのショルダーハーネスと比較すると、肩が痛いですが、並のバックパックとして考えると、普通の分類に入る背負心地です。

バックパックを背負う

外部・内部ポケットは、たくさん有る

外部下ポケットの容量

ポケットは、外部にも内部にも、たくさんあります。

仕切り幕

スマホ向けポケットや、ノートPCスリーブや、財布等向けのメッシュジッパーポケットも、あります。

水筒入れ

しかし、iPad向けのスリーブやノート等の縦に長い物を入れる、スリーブはありません。

内部ポケット状況

ノートやクリアファイルの様な縦長の物の収納には、向いていないと思います。

別途、バッグインバッグが、必要だと思います。

バックインバック

ノートPC収納実験

私が持っている一番大きなノートPCの東芝製ノートPC B253/21J 15.6インチ(外径寸法:約380.0 (幅)× 242.0 (奥行)× 28.4~33.4 (高さ) mm、重量  約2.4kg)で実験して見ました。

PC収納状況

ホームページには、対応表記はSBBP-41は13インチまで対応。SBBP-46は15インチまで対応と記載があります。

【サンコー鞄】STUMPは、運動会や旅行に最適な、イスになるバックパック 其の壱
日本の創業128年のスーツケースメーカーが造った、座れるバックパックです。運動会の観覧や、疲れた時の休憩や、簡易オフィースとしても活用できます。

実験結果は専用ポケットに15.6インチノートPCは入りました。

PC収納状況

しかし、横方向はギリギリで、縦方向がアルミフレームに当たります。無理くり入れれば入りますが、ノートPCとアルミフレームが当たり、内側に背中パッドがズレて、背負い心地は悪くなります。

フレーム

やはり、15インチジャストか、13インチが良いと思います。

重量の面では、13・15インチノートPC両方とも重さを感じるため、iPad入れない方が良いと思います。

PC収納状況

iPadを入れるのであれば、クッションケースに入れた方が良いです。

それは、iPadを衝撃から守る意味合いがありますが、背負心地面からも、クッションケースが貢献するからです。

ノートPCケース

クッションケースに入れないと、背面パッドがiPadで中折れし、背中の当たりが悪くなります。

iPhone13が入るサイズ?

このカバンには、スマホ用と思われるスリットが2個あります。

スマホポケットに、iPhone13が入ってくれると、嬉しいです。

iPhone13を持っていないので、ほとんど同じサイズのiPhone11で検討してみました。
iPhone11のサイズは、6.1インチ(たて約15cm よこ約7.5cm あつみ約0.83cm)です。

もちろん、iPhone12やiPhone13の方が、厚みがやや薄いので、iPhone12とiPhone13も入ります。
(実機を所有しておりませんので、サイズから検討しております。)

スリットに、iPhone11(ケースあり)は、入りました。

しかし、クッション材も無く、ゴムバンドも無いので、iPhoneはケースを装着してから、カバンに入れましょう。

スポンサーリンク

まとめ

【サンコー鞄】STUMP SBBP-46を、レビューしました。

バックパックと風景

イスの様に、バックパック上部に腰掛けれる構造のバックパックですが、背負心地は硬めです。

ノートPCの収納は、15インチジャストまでが良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました