【エレコム】CAPCLIPは、超小型マウスの大本命!!

iPhoneとマウスこどうぐ
スポンサーリンク

【エレコム】CAPCLIPは、超小型マウスの大本命!!

外でPC

こんにちは、てんきん28号.です。

こんかいは、【エレコム】のCAPCLIPを、レビューします。

このマウスを開封した時に、感じた事は、尋常じゃないサイズと、本物のオーラーでした。

AirPodsとマウス

【アップル】AirPodsProは、音も良いけど玉子型デザインが高級感有!!
新し物好きの私はデザインが可愛くてとても欲しくなりました。正直、音質は詳しくありませんが、AirPodsProの丸くて白い玉子の様なシンプルなデザインで購入しました。私は、白色のシンプルなデザインは、日本的なデザインだと感じました。

そして、軽い事にも、合わせて感動しました。

Bluetoothが切れやすかったり、Apple製品には接続が面倒臭い、難点があります。

【メモボトル】スリムを、転勤・就職したら買おう(洗い方、使用感もレビュー)
【メモボトル】スリムは、ノートPCや書類を持ち歩いても、鞄の中でぶつからない、四角い水筒です。スリムなトートバックやブリーフケースに特に、相性がいいです。見た目もカッコよく、容量も少なくて事足りるのであれば、鞄の中がスッキリします。

電子機器を並べる

しかし、それを差し置いても、まだプラスポイントが沢山ある、オーラーがあるマウスです。

レビュー

マウスを握る

【エレコム】CAPCLIPこそ、コンパクトマウス界の大本命だと、感じました。

軽い・小さい・音がしない・使い易い・収納状態も小さい・かわいいの6拍子です。

値段もお値打ちなので、持っていて後悔しない仕様です。

蓋をとる

握りやすさの肝は、クリップで傾斜がある事

クリップ

コンパクトで、四角い形状なので、グリップし難いと思いました。

iPhoneをクリップで挟む

しかし、握ってみると、不思議と握り易いです。

おそらく、下部のクリップが、角度を作ってくれて、握り易いです。

クリップによる傾斜

軽さ・コンパクトさは、正義です!!

バッグにマウスを入れる

Air Pods Proよりも小さく、軽く感じます。

小さく、軽いことは、正義だと感じる、今日この頃です。

初めから、このマウスを購入しておけば良かったと思える、軽さです。

重量測定

【CIO】SMARTCOBY Pro 30Wで、PCやスマホを充電してみたかった
私は【CIO】SMARTCOBY Pro 30Wを特に必要性は無かったのですが、思わずポチッと、買ってしまいました。無印良品の様な、時代が変わった感を感じる、デザインのシンプルさが有ります。サイズも重量も、ちょうど良いです。液晶モニターが有るのも、充電しているのを、目視で確認できて良いです。

Bluetoothが切れるのは、愛嬌です!!

マウスをしばらく動かさないと、休眠してしまいます。

普通のマウスよりも、休眠が多いように感じます。

しかし、マウスが小さいので、積んでいるバッテリーも小さいので、あきらめましょう。

箱

休眠する度に、Bluetoothも切れますが、これは愛嬌です。

ここが難点!!

Macに接続できない

接続を他機種をまたぐと、途端に接続しなくなります。

Apple製品間でも、接続が上手く出来ません。

素直に、設定のBluetoothのデバイスの削除を行なってから、再接続する方が上手く接続します。

設定を削除する画面

接続方法

Mac Book Airへの接続

Macの環境設定画面

Macの「システム環境設定」→「マウス」→「Bluetoothマウス…」→「同時にマウスのBluetoothのペアリングボタンを長押し、Macに検索させる事も同時に行う」→「マウスが検出されたら」→「続ける」の順番に選択すると、接続されます。

Macの環境設定画面

正直、Windows系のBluetoothから設定しないので、面倒臭いです。

【アップル】MacBook Airを、転勤就職就学したら買おう!!
【アップル】のMac Book Air M1(ver.2020)を、転勤や就職や就学した人に、お勧めします。「iPhoneやiPadの様な、「立ち上がりの速さ」と「バッテリーの保ちの良さ」と「軽い事が、一番良い」は、仕事や学校で使う事に、おすすめです。

iPhoneへの接続

iPhoneの設定画面

iPhoneの「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「AssistiveTouchをタッチ」→

iPhoneの環境設定画面

「AssistiveTouch」画面→「AssistiveTouchをオン(マウスポインターが表示される)」をオンiPhoneの環境設定画面

「デバイス」→「Bluetoothデバイスを選択(同時にマウスのBluetoothのペアリングボタンを長押し、iPhoneに検索させる事も同時に行う)」をタップします。

iPhoneの環境設定画面

iPhoneとマウスがマッチしたら、「Bluetoothデバイス」画面にマウスの名前が表示されます。

マウスを選択すると、普通に使用できます。

iPadと接続方法は、同じになります。

usb端子

正直な感想は、iPadはまだしも、iPhoneやAndroidの小さい画面では、マウスよりも画面をタッチした方が早いです。

iPadへの接続

iPhoneと接続方法は、同じになります。

しかし、Apple製品は、昔からBluetoothが弱かったですが、設定も複雑です。よほど、マウスが嫌いなのかなと、勘繰ってしまいます。

iPadとマウス

WindowsやAndroidの接続設定が、単純で好きです。

【アップル】iPad Pro11inchが、ちょうど良いサイズと重量
iPad Pro11inch を2018年10月ごろ購入して約1年チョイが経過しました。iPad Pro11inch 2018の画面が綺麗な印象を受けた事は、今も購入当時も変わらないです。買って良かったと今でも思ってます。都内で持ち運ぶには、サブPCや営業ツールとして、ちょうど良いサイズと重量です。

Windows10への接続

windowsの環境設定画面

「Bluetoothデバイスの追加」→「同時にマウスのBluetoothのペアリングボタンを長押し、

windowsの環境設定画面

Windowsに検索させる事も同時に行う」→「ELECOM IR Optical Mouse」→

「ペアリング」で接続終了です。

windowsの環境設定画面

クセが無くて、簡単です。

Androidへの接続

「設定」→「機器接続」→「BluetoothをON」→「もう一度Bluetoothをタッチ」→

アンドロイドの環境設定画面

「同時にマウスのBluetoothのペアリングボタンを長押し、Androidに検索させる事も同時に行う」→

「使用可能な機器に欄に検出されたら、タッチ。」→

アンドロイドの環境設定画面

「ペアリングされた機器欄に、マウスが選択されていたら、接続終了です」

Windowsと同じで、シンプルな接続で、クセが無くて好きです。

スポンサーリンク

まとめ

【エレコム】のCAPCLIPを、レビューしました。

このマウスを開封した時に、感じた事は、尋常じゃないサイズと、本物のオーラーでした。

そして、軽い事にも、合わせて感動しました。

マウスを握る

Bluetoothが切れやすかったり、Apple製品には接続が面倒臭い、難点があります。

しかし、それを差し置いても、まだプラスポイントが沢山ある、本物オーラー全開のマウスです。

ぜひ、一家に一台常備する事を、お勧めいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました